スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロビの健康効果とメンタル面での影響

気功で一緒になった方とお話をしていて、くるま麩を食べると爪のはえるところのささくれが良くなるということを伺いました。そこから始まって色々お話をしていると、病気で入院をした後お医者さんから今後薬は一切出しませんという様に伝えられ、そこからマクロビオティックを始められたらしいです。そのお医者さんは薬が効くということは、その分副作用もあるのだから、薬を使い続けてはいけないと言われたそうです。いいお医者さんだなと感動してしまいました。

さてそのマクロビを始めてからその方は、徐々に健康になって、体重も10キロ近く減り、持久力も付き、メンタル面でもイライラすることがなくなったとのこと。食べ物が精神的にもそこまで影響を与えるとは、すごいなと思う反面、今の乱れきった食生活を考えると少し恐ろしい気もしてきます。

マクロビオティックは皆さんもご存知のように、玄米食中心で、玄米が全体の食事量の50%~60%をしめ、それに動物性の出汁を使わず、植物性の昆布や椎茸などで出汁を取った味噌汁に副菜といった食事です。

忙しさにまかせて最近乱れていた食事を反省し、今日はさっそく車麩と玄米、マクロビオティックレシピの本を買ってきました。

くるま麩はマクロビではよく使われる、たんぱく源で、くるま麩自体が、小麦のたんぱく質(グルテン)に小麦粉を加えて焼いたものなので、まさにたんぱく質を食べているようなものです。揚げて食べると美味しいと言う事でしたが、今日は味噌汁に入れてみました。

最近イライラすることが多い理由はひょっとしたら食事のせいかもしれません。私たちが、手がかかるからといって、インスタントに近い食事をしている代償はけっこう高いのかもしれません。

スポンサーサイト

お正月にお屠蘇はいかが?

去年のお正月初めてお屠蘇をいただきました。たまたま正月前酒屋に行く友達に付いていって、縁起物だからと買ってみたのですが、これが思いのほかほんのり甘くて、アルコールが苦手な私でもとっても美味しく飲めました。

無知な私はお屠蘇が薬酒なのだと初めて知って、体にもいいんだと感激。

特に低血圧で、血の循環の悪い私にとっては少量のお酒は良いそうなので、今年もまた買って飲もうと思っています。

ウィキペディアによると、数種の薬草を組み合わせた屠蘇散(とそさん)を日本酒に味醂や砂糖を加えたものに浸して作るとあります。

屠蘇散には、山椒・細辛・防風・肉桂・乾薑・白朮・桔梗などを用いるのが一般的である。健胃薬としての効能があり、初期の風邪にも効くという。

お正月の暴飲・暴食で疲れた体をいたわる為に、今年はお屠蘇をいかがですか?

 

 

にんじんの葉は捨てないで!

ぬか漬けを漬けるようになってから人参を買う機会が増えました。

にんじんは出来るだけ新鮮なものを買おうと思っているのですが、なかな新鮮なものを見かけることが少ないのですが、昨日は葉付きニンジンを買うことが出来ました。

でも、葉を持ち帰るとゴミになるので葉は切ってくださいと聞いたところ、葉は捨てますかと聞かれたので、使えるのですがと聞いたところ、料理法を教えてもらえました。

人参の葉は、ふりかけや油炒めをして食べられるようです。

ふりかけの場合

材料 : 人参の葉、いりごま、削り節、しょうゆ、砂糖、ごま油、塩

1.人参の茎の部分が固いので、葉の部分のみちぎり、天日である程度乾燥させ、その後電子レンジでカラカラに水分を飛ばします。

2.フライパンにごま油を熱し、いりごま、しょうゆと砂糖を加え素早く混ぜたら火からおろします。

3.ボウルに人参の葉を入れて揉んで細かくし、ゴマを加え削り節と塩を入れて完成。

油いため

材料 : 人参の葉、鰹節、酒、醤油、みりん、ごま、ごま油

1.茎の固い部分を取り除き、3cmくらいに切る。

2.ごま油を熱し、人参の葉を炒め、調味料を加え、最後にごまをふりかける。

 

人参の葉の部分も食べてしまったら、ゴミは減るし、栄養価もビタミンAなど他の野菜に劣らず高いらしいので一石二鳥ですね。

 

自然の甘味料、メープルシロップ

砂糖に続き今日も甘味料、メープルシロップについて調べてみました。
 
最近、天然甘味料としてメープルシロップは脚光を浴びているらしく、ハーゲンダッツのお店では秋に新発売のアイスクリーム「メープルクッキー」、パイやメープルシロップを組み合わせた「メープルデザート」が売り出されている。またスーパーやコンビにでもお菓子類にメープルシロップ味のものを良く見かけます。
 
このメープルシロップは、カエデの樹液を濃縮した甘味料で、サトウカエデ(sugar maple)からの樹液が量・質ともにすぐれているものとされています。
シロップの色は薄いほど高級なものとされ、等級は上からエキストラライト・ライト・ミディアム・アンバー・ダークの5等級がある。
ただし、アンバーが最もカロリーが少なく、脂肪分はゼロであり、カルシウムなどのミネラルを豊富に含む上、血糖値も上がりにくく、独特の香りにはストレス解消効果もあるという指摘もなされている
メープルシロップに含まれるミネラル成分は、カルシウム、カリウム、亜鉛、マグネシウムなどです。
 
生産地としては、カナダ南西部~アメリカ北東部の生産が多く、カナダのケベック州、アメリカのニューイングランド地方などで生産されたものがよく知られている。また、日本でもわずかに、埼玉県秩父市で種々のカエデを栽培しているらしく、今後、秩父産メープルシロップを見かけることがあるかもしれない。ちなみに秩父市の”市の木”はカエデとういことです。(wikipedia参照)

秋には色づくサトウカエデの葉
秋には色づくサトウカエデの葉<wikipediaより>

栄養価の高く、使いやすい砂糖、素焚糖

調味料には結構こだわりがあります。

いつも使うものだから、健康にいいものをと心掛けています。
 
砂糖は、調味料の中でも悪者ににされることが多いのですが、これを少しでも健康に良いものに替えようと、今はスーパーで偶然見かけた、素焚糖(多分商品名)というのを使っています。
色はちょっと茶色で、ミネラルがたくさん入っていそうです。
 
よくお店で見かける三温糖もちょっと茶色ですが、これは上白糖と同じく精製糖の仲間。「茶色なので、健康によさそう」という気持ちから三温糖を使っている方が多くいらっしゃる方もいると思いますが、コクのある上白糖なんだそうです。(大東製糖ホームページより)
 
素焚糖
さとうきびのミネラルを閉じ込め、なおかつ、きびの香りを減らすことにより、どんな料理にも万能に使えるようにしたものとのこと。黒砂糖は香りや色の点でちょっと料理にはという人向きなんですね。カルシウム・鉄・カリウム・マグネシウム等のミネラルが豊富で添加物が一切入っていないということなので、健康おたくには気になるお砂糖ですね。
 
ちなみに、きび砂糖というのも良く見かけますが、ミネラル分において素焚糖のほうが優れているようです。 お店に行って砂糖を買うとき、種々の砂糖の裏に書いている栄養価を比べてみると面白いかもしれません。


【50%OFF】安心食材をためすなら今がチャンス!

野菜ジュースの産地と栄養

●野菜ジュースの野菜の産地

先日、ネットサーフィンをしていると、野菜ジュースで使っている野菜の産地について詳しく調べたサイトに出会いました。今までまったくそのことについて考えなかったわけじゃないけど、それほど気に留めなかったのは確か。

なぜ、みんな実際の野菜を買う時には産地に非常に気をつけるのに、野菜ジュースについては甘いのか。まあ、そこまで突き詰めていけば、色んなものを買うのが怖くなるし、そこまでやっていては食べるものはなくなってしまうのも事実です。

でも、親切な会社のホームページにはちゃんと野菜の表記はされているようですので、興味があったら調べてみてはどうでしょう。中国産野菜も使っているところがあります。


●栄養価

ところで、栄養価はどうかというと、消費者センターが2007年に調べた結果では、「一日分の野菜(緑黄色野菜)使用」と表示した野菜ジュースには厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量350グラムを下回る量の栄養素しか含んでいないことが分かったそうです。

それでは自分でジューサーを使って野菜ジュースを作ったらどうかというと、熱が発生して栄養が壊れると聞いたことがあります。低速ジューサーというのがあって、これなら栄養が壊れずに、飲めるらしいです。ただ、高価なのが玉に瑕みたい。

 

簡単に野菜が採れて、とても便利な野菜ジュースですが、本物の野菜を一番食べるのが食物繊維も取れて、本当はベストなんでしょうね。時間をやりくりして、料理頑張りましょう。

 

30年の信頼、大地を守る会のお試し野菜セットが送料無料で1,290円から

新鮮野菜のおためしセットが10円で買える

ぬか漬けで節約生活

ぬか漬け(wikipediaよりの画像)  ぬか漬け(wikipediaよりの画像)

またまた、ぬか漬けの話題です。

諸事情でぬか漬け生活が遅れ、お盆過ぎから漬け始めました。

漬け始めるまでは、夜漬けたら朝あげないといけないから出来るかなとか、

ぬか床の温度管理は大丈夫かなど考えているとちょっと面倒だなと思われたのですが、

始めて見るとそこまで神経質にならなくて大丈夫なようです。

 

ぬか漬けを漬けるようになって良かった事はなんといっても、野菜を食べるようになったことです。

人参

特に人参はあの独特な甘さのようなものがあまり好きではなかったのですが、漬けると歯ざわりシャキシャキでとてもおいしくなります。

よく噛むので、歯にもきっと良いですよね。

オクラ

おくらは、漬けるのが簡単で、ちょっとしなっとなってとても食べやすくおいしくなります。

ピーマン

これは、あんまり漬からなくてちょっといまいちでした。

 

絹さやを今日漬けてみたのですが、どんな味になるか明日が楽しみ。これからも、色んな野菜に挑戦していく予定です。

 

ぬか漬けを漬けると、野菜を捨てる事が少なく

なって、「もったいない」生活にとても貢献してくれます。

それから、ぬか床をまぜるのって、泥遊びをしているようで、とっても楽しいんですよ。

緑茶は心臓を助けるってほんと?

 タイム.comに、”Does Green Tea Help the Heart?” 
(緑茶は心臓を救う?) という記事が載っていました。


やはり緑茶は体にいいようですね。コーヒーにも女性が飲むと結腸癌のリスクが減るかもという話もあるので、上手にお茶の時間を取ることは、精神的にも体にも良さそうですね。

タイムの記事はこちら
http://www.time.com/time/health/article/0,8599,1820250,00.html

”The researchers found that among 14 subjects, those who drank green tea showed greater dilation of their heart arteries on ultrasound 30 min.”
研究者達は14人の被験者を調べ、30分の超音波検査において、緑茶を飲んだ人は心臓動脈がすぐれた拡張を示した事を発見した。

  dilation n. 膨張,拡張
   ロングマン英英辞書より  the action of stretching or enlarging an organ or part of the
                  body the action of stretching or enlarging an organ or part of the body

  ultrasound n. 超音波 《診療に用いる》
   ロングマン英英辞書より  sound that is too high for humans to hear, and is often used in
                   medical processs

スポンサーリンク

ショップチャンネル

ショップチャンネル
プロフィール

chocoandcoffee

Author:chocoandcoffee
温暖化を抑えるため、身の回りのエコから考えていこうと思っています。
40代、健康オタク。英語、旅行が趣味です。

スポンサーリンク
最近の記事
月別アーカイブ
クリックで救える命
カテゴリー
最近のコメント
FC2ブログランキング
赤毛のアンの輝く英語
私が書いている別のブログで、赤毛のアンを英語を鑑賞しています。
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。