スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑茶は心臓を助けるってほんと?

 タイム.comに、”Does Green Tea Help the Heart?” 
(緑茶は心臓を救う?) という記事が載っていました。


やはり緑茶は体にいいようですね。コーヒーにも女性が飲むと結腸癌のリスクが減るかもという話もあるので、上手にお茶の時間を取ることは、精神的にも体にも良さそうですね。

タイムの記事はこちら
http://www.time.com/time/health/article/0,8599,1820250,00.html

”The researchers found that among 14 subjects, those who drank green tea showed greater dilation of their heart arteries on ultrasound 30 min.”
研究者達は14人の被験者を調べ、30分の超音波検査において、緑茶を飲んだ人は心臓動脈がすぐれた拡張を示した事を発見した。

  dilation n. 膨張,拡張
   ロングマン英英辞書より  the action of stretching or enlarging an organ or part of the
                  body the action of stretching or enlarging an organ or part of the body

  ultrasound n. 超音波 《診療に用いる》
   ロングマン英英辞書より  sound that is too high for humans to hear, and is often used in
                   medical processs
スポンサーサイト

ぬか漬けで夏ばて知らず

6月18日放送のためしてガッテン「植物乳酸菌の恵み!ぬか漬け・達人の極意」を見て、ぬか漬けを漬けようという気持が沸々わいてきました。ぬか漬けは面倒くさそうだけど、考えてみると混ぜるだけで、あとは残り物の野菜を漬けておけば、いつでも乳酸菌たっぷりの野菜を腐らすことなく、食べれるんですよね。食欲のなくなる夏にはちょっとすっぱくっておいしいぬか漬けと、お茶漬けだったら食欲も沸きそうです。
 
おいしいぬか漬けを漬けるコツ
 
☆上下入れ替えるようにかき混ぜる

ぬかどこ の中には、主に3種類の菌が住んでいて、表面付近には、酸素に強い丸い微生物「産膜酵母(さんまくこうぼ)」、底のほうには酸素が嫌いな細長い形の微生物「酪酸菌(らくさんきん)」などがいるので、これらが増えるの抑制し、中間に住んでいる乳酸菌の働きを活発にするために、上下入れ替えるようにかき混ぜます
 
☆ぬか床ないの空気をしっかり抜く

入れ替えが終わったら、酸素が嫌いな乳酸菌のために、ぬか床内の空気をしっかり抜いて (ぺたぺたとたたいて表面をならす)、かき混ぜを完了します。

でも、臭くなってしまったぬか床はどうするの?

まずは上下をよく入れ替え、新鮮な米ぬかと塩をたっぷりと足してニオイ物質の濃度を薄め、再び乳酸菌が増えて、ぬか床表面にうっすら産膜酵母の白い膜が張るまで3日くらい寝かせるとの事。
 
実は乳酸菌は酸素が嫌いなので、米ぬかを加えたばかりの乳酸菌が少ない状態では、混ぜて酸素に触れさせると乳酸菌が増殖しにくくなるため、3日くらい混ぜずに置いておくほうがいいそうです。
 
もっと詳しく知りたい
ためしてガッテンのホームページ http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2008q2/20080618.html

 
 
ただ、健康に良いぬか漬けですが、調べてみると注意点もあるようです。

1)米の糠と野菜の皮の部分は農薬がたまりやすいところとされる。農薬が少ない米糠を使うのはもちろんのこと、糠床に農薬が蓄積することを防ぐために毎年新たに糠床を作りなおしたほうがいいと言う人もいる。(wikipedia)→→ということなので、糠は出来るだけ無農薬のものを使い、ぬか床はまめにたして、ケアしていくのが重要なようです。

2)乳酸菌が活発に働くのは25度くらいなので、熱い夏場は要注意!冷蔵庫(ただし、入れっぱなしはNG)や保冷剤を利用して、発酵がすすみ過ぎないように気をつけましょう。

乳酸菌、ビタミンがたっぷりのぬか漬けでこの夏を乗り切りましょう。



木樽仕込みぬかどこセット【A】

フェアトレード商品の魅力

フェアトレードについて、以前このブログに書いたことがありますが、今フェアトレードの考え方だけでな、デザイン・個人のライフスタイルにあったロハス的なものを身に着けたいstyle="color:#000000">ということから、フェアトレード商品が注目を集めているようです。

元来フェアトレードとは、公正取引(英:Fairtrade、公平貿易)発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動です。(wikipediaより)

ですが、この発展途上国の保護ということを抜きに、商品の魅力に引き付けられ、最終的にそれがフェアトレード商品だったという、商品の価値に趣をおく理想的な形に変わってきているようです。

天然素材で、エキゾチックなデザイン、確かに、国内製品にはない独創的なものを見つけられて楽しいですよね。


エンディシルク・ノースリーブ・トップ(グリーン)【フェアトレード】







爪に良い石鹸

このあいだふと気がつくと、かなり爪が伸びているのに爪が割れない、なんだか爪が強くなっているみたい。そういえば手もつるつるしてきました

どうしてかとふと考えてみると、最近はDHCでもらった洗顔ソープを普通の石鹸のかわりに使っていました。というのも、会社でたくさん試供品をもらって、他の人がいらないというので、他の人の分も戴いて帰ったので、ちょっと贅沢とは思ったんですが、手を洗う時に使っていました。

今までも、洗顔用にDHCのソープの試供品を使ったことはあったのですが、短期間なのでそんなになんとも思った事はありませんでした。

 肌のターンオーバーは28日というから少なくともそれ以上使わないとわからないのかな~。
 足の小指の爪が割れている時に、クリーム類を塗りこむとしばらくしたら綺麗な爪が生えてくるのには気づいていたので、爪に関しては、外から爪の生えてくるあたりに栄養を与えてあげるのは、爪のために有効だとは思っていました。

 でも、同じ意味で、いい石鹸でも栄養が届くので丈夫な爪が生えるのではないかと思いました。石鹸は必ず使うものなので、ハンドクリームでも面倒と思う私にとっては、とっても楽な美肌法です。しかも、手も綺麗になるし。
 顔でも今度は試してみようかと、思います。肌がつるつるになるかしら。。。



DHCオンラインショップ


このバックちょっと可愛いですね。
DHCオンラインショップ

アメリカでの遺伝子組み換え作物の現状

今日のクローズアップ現代を見てアメリカでの遺伝子組み換え作物の現状に愕然としました。

7月3日クローズアップ現代のホームページから

トウモロコシの収穫量自体を増やせば食糧を脅かさずにすむとして、アメリカ政府が積極的に推進しているのが遺伝子組み換えをした品種の普及だ。しかしその 結果、トウモロコシをアメリカからの輸入に頼ってきた日本では、遺伝子組み換えをしていない品種の入手が困難になっている。コーンスターチメーカーの中に は遺伝子組み換えをした品種への転換を余儀なくされているところもあり、日本の食卓にも影響を及ぼし始めている。



現在アメリカの
とうもろこし作付けの約80%が、遺伝子組み換えのもので、大豆にいたっては、ほんの8%しか遺伝子組み換えでないものを作付けしていないと言うのです。
衝撃です。
健康に対する影響は今のところはわかりませんが、少なくとも私は自然な作物を食べたいです。
これからは、お金を出しても、遺伝子組み換えでない作物が買えない時代が来るかもしれないとある商社の方が言っていましたが、その予想はどうかはずれて欲しいと願うばかりです。







スポンサーリンク

ショップチャンネル

ショップチャンネル
プロフィール

chocoandcoffee

Author:chocoandcoffee
温暖化を抑えるため、身の回りのエコから考えていこうと思っています。
40代、健康オタク。英語、旅行が趣味です。

スポンサーリンク
最近の記事
月別アーカイブ
クリックで救える命
カテゴリー
最近のコメント
FC2ブログランキング
赤毛のアンの輝く英語
私が書いている別のブログで、赤毛のアンを英語を鑑賞しています。
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。